パイン集成材|イーゼルのことならイーゼル工場へ

パイン集成材

パイン材とはマツ科の樹木で種類は50種類以上あり、良質な樹脂成分を多く含有するため粘りがあり、傷やへこみの修復が簡単で、使い込んでいくうちに深い味わいが出るため、家具材としてもよく用いられています。また集成材とは多数の板材や角材を接合して作った木材のことをいいます。パイン集成材はこのことから、多数の味わいあるパイン材を接合したもののことをいい、イーゼルスタンドの材質としても使用されております。